古書の買取方法|古書を買取に出すならより高額で買い取ってくれる業者を選ぼう

古書の買取方法

読書をしている女性

古書の買取方法についてですが、主流となっている方法は全部で3種類あります。
まず1つ目の買取方法が、店舗への持ち込みです。
古本を買い取ってもらうときと同様に、不要となった古書を店舗に持って行って直接査定してもらう方法です。
査定結果を聞いてからそのまま買取に出すかどうかを決めることもできますので、よく考えたうえで決断しましょう。
しかし、不要な古書を何冊も自身の手で持ち運ばなければいけないほか、そもそもの問題として近くに店舗があるかどうかも問題となるので注意してください。

2つ目の買取方法は、出張サービスを依頼することです。
業者に買取依頼を電話なりメールで伝えることで、スタッフがみなさんの自宅に訪れ、その場で買取をおこなってくれます。
たとえ本棚の奥底や倉庫に眠っている古書であっても、みなさんがそこから引っ張り出して買取査定の準備をしておく必要はありません。
すべてスタッフが丁寧に作業を進めてくれますので、みなさんは査定が出るのをゆっくり待っているだけでいいのです。
出張サービスは一見便利なようにも見えますが、1度依頼してしまうと買取をキャンセルできないという欠点もあります。
どんな査定結果が出たとしても買取に出さなければいけないので、その覚悟だけはしておきましょう。

最後に紹介する買取方法は、郵送による買取です。
買取を依頼したい古書をダンボールに詰め、業者に郵送するだけです。
箱詰めする作業はみなさんがしなければいけませんが、あとは郵送して査定結果の連絡がくるのを待つだけでかまいません。
出張サービスと違い、こちらは査定結果に不満があればキャンセルして、返品してもらうことも可能です。
しかし、郵送自体が時間のかかるものですので、その日のうちに買取を済ませることは不可能でしょう。
今回紹介した買取方法の中で、最も時間がかかってしまう方法となっています。

AAAA